工事業者のSEO対策

ネットショップ多くの工事業者は大手建設会社の下請けや工場などとメンテナンス契約を結んでいるところが多いのですが最近はSEO対策とウェブマーケティングで自社受注している会社が増えてきました。価格も自由に聞けることができ、エンドユーザーにより良いモノを直接提供できるチャンスを増やすのがWEB集客です。

業種の特徴 商材、もしくはサービス名と地域でSEO対策
SEO対策 商品名「防犯カメラ」「太陽光発電」「塗装」「造園」「リフォーム」など+地域名

専門の工事業者が直接エンドユーザーに商品やサービスを販売したら当然安いに決まっています。また、お客様からしても直接業者と話が出来るので素早く納品が出来ます。集客のノウハウさえ確保してしまえば自社受注自社施工が実現するお客様が多く、販売価格のコントロールや工事日も自社でお客様と打合せが出来ます。

SEOキーワードの組み立て方

工事にまつわる様々なキーワードでSEO対策をします。エリアは政令都市レベルの人口でないと集客しづらい場合があります。

工事

  • ビジネスホン
  • 防犯カメラ
  • 太陽光発電
  • 水道工事
  • 造園
  • 電気工事
  • 舗装工事
  • リフォーム
  • 建具
  • 消防設備
  • 空調工事
  • タイル・れんが・ブロック工事
  • 防水工事

など

+

エリア

  • 名古屋
  • 千葉
  • さいたま
  • 福岡
  • 広島
  • 浜松
  • 仙台
  • 札幌
  • 京都
  • 横浜
  • 神戸
  • 川崎
  • 北九州
  • 大阪

など

SEOチェックポイント

メールや電話で受注する体制を整えましょう。防犯工事や水道工事、電気工事は急を要する場合があります。フリーダイアルがあると尚良いです。

SEOで売れるもの売れないもの

あなたがネットショップで売ろうとしているモノ、売っているモノの月間検索件数を調べる必要があります。検索されないモノはSEO対策で上位表示されてもされなくても売れません。どこにでも売っているのに値段が高いものも売れません。「送料」や「簡潔な入力フォーム」も重要です。しっかりとマーケティングを行ってから行動に移りましょう。

広告としてのSEO

SEO対策を導入する際に必要となるのは広告の基本概念です。DMやチラシを配布して返ってくる反応のことをレスポンス(率)といい、費用に対してどれだけの利益があったかを気にしなければなりません。これがSEOになるとコンバージョン(率)と言い換えられますが、同じ事です。例えば3件の成約をもらうためにはホームページを1000人の人に見てもらわなければならない。であれば10000人に見てもらえれば30件の成約が上がるわけです。チラシやDMと違うのは、すぐに反応が出ないことです。反面、長く反応を保持することが出来ます。

お問合せ