不動産のSEO対策

習い事・スクール不動産のSEO対策は非常に難しく、都市圏での賃貸の仲介では大手ポータルサイトに独占され上位表示が難しい状態です。ただ、やり方によってはSEOで収益を上げる事が出来、アイデア次第で勝ち組になる事も出来ます。

業種の特徴 賃貸の仲介以外での集客
SEO対策

地域名と「任意売却」「不動産投資」「収益物件」「不動産鑑定」「リノベーション」などでのSEO対策

ノウハウのある不動産業者が考える、「こういうお客様を集められたらなぁ」を実現します。

SEOキーワードの組み立て方

不動産の様々な売買に係わるキーワードでSEO対策をします。

習い事

  • 任意売却
  • 不動産投資
  • 収益物件
  • 不動産鑑定
  • 泊り込み介護
  • 庭師(造園)
  • 害虫駆除

など

+

エリア

  • 千葉
  • さいたま
  • 福岡
  • 広島
  • 浜松
  • 仙台
  • 札幌
  • 京都
  • 横浜
  • 神戸
  • 川崎
  • 北九州
  • 三重
  • 岐阜

など

SEOチェックポイント

不動産の売買にまつわるウェブ集客は毎日毎日お問合せが入るわけではありません。弊社の実績としては月に2~3本の入電があり、その中から1件ほどが受注につながるといったモノで気長に待つ必要があります。

不動産のSEO対策

不動産のSEO対策も弊社では受けておりますが、他の業種と比べて案件毎の実利益が高いと思われますが、他の業種のSEO対策と同じ料金で行っております。他の不動産屋さんにはないアプローチをお持ちの方ならさらにウェブ集客の効果が高まるでしょう。

顧客ニーズを調べ最適化する

弊社でSEO対策を行う時、ホームページにアクセスのあったユーザーがどんなキーワードで検索をしているかはもちろん、どの時期にどの検索が多いかまで調べ上げ、営業に生かしてもらいます。

広告としてのSEO

SEO対策を導入する際に必要となるのは広告の基本概念です。DMやチラシを配布して返ってくる反応のことをレスポンス(率)といい、費用に対してどれだけの利益があったかを気にしなければなりません。これがSEOになるとコンバージョン(率)と言い換えられますが、同じ事です。例えば3件の成約をもらうためにはホームページを1000人の人に見てもらわなければならない。であれば10000人に見てもらえれば30件の成約が上がるわけです。チラシやDMと違うのは、すぐに反応が出ないことです。反面、長く反応を保持することが出来ます。

お問合せ