出張型占い、店舗型占いのSEO対策

占い占いは恋に悩める女性や事業をしている男性にとってのキラーコンテンツです。朝の情報TV番組や月刊誌などに必ず登場するのはそれだけスピリチュアルに関する注目度が高いということ。地域に根ざした占いサイトをSEO対策で多くの人の目に触れられるようお手伝いします。

業種の特徴 顧客層は限定されるがリピーターを多く獲得でき、地域に根ざしている。
SEO対策 キーワード「占い」と地域名でのSEO対策

「よく当たる占い師が○○という場所にいるらしい」といったウワサをよく耳にします。口コミがもっとも有力な集客方法と思われます。ただ口コミもある程度の顧客人口がいてのこと。個人で占いをされている方と複数人で占いをされている方の場合では、集客方法もSEO対策の方法も変わってきます。

SEOキーワードの組み立て方

一般的な店舗型集客SEOの組み立てです。業種と地域名でターゲット層となる顧客を獲得します。

業種

  • 占い

+

地域名

  • 横浜
  • 品川
  • 広島
  • 三重
  • 岐阜
  • 池袋
  • 京都
  • 桜木町

など

3キーワードでSEO対策をします。ターゲット層も小さくなりますが、SEO対策費もお安くなります。

業種

  • 占い

+

  • 横浜
  • 品川
  • 広島
  • 三重
  • 岐阜
  • 池袋
  • 京都
  • 桜木町

など

+

占いの種類

  • タロット
  • 四柱推命
  • 手相・人相
  • 霊感・霊視
  • 数秘術
  • 六壬神課
  • 宇宙チャネリング

など

SEOチェックポイント

占いサイトは、一部のウイルスソフトによってアクセス制限の対象になる場合があります。2014年5月現在、「ヤフー占い」でさえウイルスバスターの「特定の宗教/オカルト」のカテゴリーに登録されアクセス禁止サイトに指定されています。(手動で解除することは出来ます。)「霊感」や「スピリチュアル」といった言葉をサイト上に載せると、ある程度の我慢が必要です。

業種が変わればSEOの方法も変わります。

口コミ集客とウェブ集客は全く別物です。通常、集客ルートを多く持っている方が有利です。マーケティングの手法としてウェブ集客を取り入れましょう。

商圏を決める

今まで来てくれたお客様がどれぐらいの範囲だったかを考えると自ずと範囲が決まってくるとは思います。北海道から1名だけ来たことがある、とかは除いて常識的に車で1時間ぐらいかけて来る事が出来る範囲に区切ります。口コミは遠方のお客様も見込めるとは思いますが、ウェブ集客は最初、そこは除いて考えます。

他の占いとの差別化はむずかしいかも

占いの商品そのものは「人間」ということかと思われます。他の占い師と比べてみるのは実際に占ってみてもらわないと解らないと思います。ウェブサイトで多くの人に見てもらい、占いに興味のあるお客様を集めて、後はお客様に判断してもらう、というのが正しいのかもしれません。

広告としてのSEO

SEO対策を導入する際に必要となるのは広告の基本概念です。DMやチラシを配布して返ってくる反応のことをレスポンス(率)といい、費用に対してどれだけの利益があったかを気にしなければなりません。これがSEOになるとコンバージョン(率)と言い換えられますが、同じ事です。例えば3件の成約をもらうためにはホームページを1000人の人に見てもらわなければならない。であれば10000人に見てもらえれば30件の成約が上がるわけです。チラシやDMと違うのは、すぐに反応が出ないことです。反面、長く反応を保持することが出来ます。

お問合せ