健康・フィットネスのSEO対策

健康・フィットネススポーツジム、パーソナルトレーナー、加圧トレーニングなど体を鍛えるものから、ピラティス、ヨガ、エアロビクスなど女性に人気のトレーニングもあります。生徒募集をSEOでお手伝いします。顧客は職場の近くか住まいの近くで探しています。戦略的に集客する必要があります。

業種の特徴 通える範囲のエリアに絞ったSEO対策
SEO対策 地域名と「スポーツジム」「ヨガ」「パーソナルトレーナー」「ピラティス」などでのSEO対策

地域によって集客範囲は大きく変わります。比較的大都市では職場と

SEOキーワードの組み立て方

パーソナルトレーナーなどのキーワードは認知度が低いため「スポーツジム」でSEO対策をし、マタニティヨガ、マタニティビクスなども「ヨガ」や「エアロビクス」でSEO対策をします。

フィットネス

  • スポーツジム
  • 加圧トレーニング
  • パーソナルトレーナー
  • ヨガ
  • ピラティス
  • エアロビクス
  • ダンス
  • 料理
  • テニス
  • ゴルフレッスン
  • テニス

など

+

エリア

  • 池袋
  • 新宿
  • 梅田
  • 難波
  • 名古屋
  • 博多
  • 広島
  • 浜松
  • 松本
  • 仙台
  • 札幌
  • 京都
  • 横浜
  • 神戸
  • 川崎
  • さいたま
  • 北九州
  • 千葉

など

SEOチェックポイント

多くの教室では複合的にレッスンを行っている場合が多く、ページ毎にSEO対策をしっかりとしていく必要があります。

広告としてのSEO

SEO対策を導入する際に必要となるのは広告の基本概念です。DMやチラシを配布して返ってくる反応のことをレスポンス(率)といい、費用に対してどれだけの利益があったかを気にしなければなりません。これがSEOになるとコンバージョン(率)と言い換えられますが、同じ事です。例えば3件の成約をもらうためにはホームページを1000人の人に見てもらわなければならない。であれば10000人に見てもらえれば30件の成約が上がるわけです。チラシやDMと違うのは、すぐに反応が出ないことです。反面、長く反応を保持することが出来ます。

お問合せ