産婦人科、動物病院、眼科、皮膚科、整形外科、歯医者など医療機関、病院のSEO対策

美容 病院は、完全に地域に根ざしたお仕事です。SEO対策をする商圏を他のライバル病院を調べながら決めていく必要があります。また、あなたの病院でしか出来ない治療やサービスがあればその商圏はぐんと広がります。患者となるターゲット層を決めて集客する必要があります。

業種の特徴 店舗型集客スタイル、病気によって細分化されている。また得意分野がニッチであればあるほど遠方からの訪問も見込める。
SEO対策 専門分野と地域(+特長)でのSEO対策

私も病院の窓口で、「何で調べて病院に来たのか」というアンケートを窓口で書かされることがあります。突然かかった病気であれば、スマホを使っている可能性が高いですし、慢性的な疾患であればパソコンで調べているかもしれません。高齢の方は電話帳を使っている可能性もあります。でも時代はインターネットです。高齢化社会が始まり、多くの病院では患者の数には困っていないかもしれませんが、産婦人科や動物病院、歯科医院は新規患者の獲得にとても力を入れています。また、人手不足から、求人の効果的な打ち方などのご相談を頂く事もあります。

SEOキーワードの組み立て方

一般的な店舗型集客SEOの組み立てです。業種と地域名でターゲット層となる顧客を獲得します。美容整形外科はこちら

業種

  • 産婦人科
  • 動物病院
  • 小児科
  • 皮膚科
  • 精神科
  • 整形外科

など

+

地域名

  • 横浜
  • 品川
  • 広島
  • 三重
  • 岐阜
  • 池袋
  • 名古屋
  • 桜木町

など

3キーワードでSEO対策をします。ターゲット層も小さくなりますが、SEO対策費もお安くなります。

業種

  • 産婦人科
  • 動物病院
  • 小児科
  • 皮膚科
  • 精神科
  • 整形外科
  • 泌尿器科

など

+

  • 横浜
  • 品川
  • 広島
  • 三重
  • 岐阜
  • 池袋
  • 名古屋
  • 桜木町

など

+

サブ

  • アトピー
  • 予防接種
  • AGA
  • 健康診断
  • 救急
  • 夜間
  • 性病
  • 中絶
  • 巻き爪
  • 中絶

など

業種が変わればSEOの方法も変わります。

例えば、おいしいと評判のパン屋さんに30km先からわざわざ電車を乗り継いで出かけませんよね?逆に、どんな腰痛もたちどころによくなる鍼治療院があったら100km先からでも伺う人は大勢いると思います。SEOは検索エンジンに上位表示させるノウハウ以上にセンスが必要です。

商圏を拡大する

病院であれば商圏はほとんど決まってしまいます。その商圏を少しでも広げるのか、その商圏内での患者数を増やすのか、ターゲットエリアを決めてからSEO対策に取り掛かります。

他の病院との差別化

他の病院との差別化でターゲットエリアを拡大することも出来れば、潜在顧客(患者)数も増やすことが出来ます。「夜間診療が出来る」「土日もやってる」など、あなたの病院の強みを教えていただければそれを最大限にアピールできるSEO対策を行えます。

広告としてのSEO

SEO対策を導入する際に必要となるのは広告の基本概念です。DMやチラシを配布して返ってくる反応のことをレスポンス(率)といい、費用に対してどれだけの利益があったかを気にしなければなりません。これがSEOになるとコンバージョン(率)と言い換えられますが、同じ事です。例えば3件の成約をもらうためにはホームページを1000人の人に見てもらわなければならない。であれば10000人に見てもらえれば30件の成約が上がるわけです。チラシやDMと違うのは、すぐに反応が出ないことです。反面、長く反応を保持することが出来ます。

SEOチェックポイント

病院は風評被害も多いですが、その分口コミの威力もすごいものがあります。ただ、ネット社会にになってきたので患者も症状から病名から何でもかんでも検索する傾向にあります。だったらそれを逆手にとって症状や病名で上位表示できるようにするのもSEO対策の工夫のひとつになります。

風評被害対策も受付けております。

お問合せ