ご当地グルメのSEO対策

習い事・スクール日本全国にあるご当地グルメの飲食店に的を絞ったSEO対策です。名古屋であれば「味噌かつ」「エビフライ」、信州であれば「そば」、浜松なら「餃子」や「ウナギ」、富士宮なら「焼きそば」、長崎なら「チャンポン」。日本全国にあるご当地グルメなら、旅行客や出張客をSEOで呼び込むことが出来ます。「秋葉原 メイドカフェ」といったSEOも同じ手法で行います。

業種の特徴 ご当地グルメの飲食店に的を絞ったSEO対策
SEO対策 地域名と「焼きそば」「ウナギ」「牛タン」「味噌かつ」「餃子」などでのSEO対策

旅行客や出張客を見込み客とする場合は、スマホ対応のホームページをオススメします。最近では「レスポンシブデザイン」といわれているパソコンにもスマホにも対応できるウェブサイトの制作方法があります。駐車場の有無や駅からの経路など、SEO以外にもお客様を集客するスキルが必要です。

SEOキーワードの組み立て方

ご当地グルメのSEOでは、完全に「地域名」+「商品」の構成でSEO対策する必要があります。例外としてどこにも売っていないオンリーワン商品で有名になっているモノは、商品名で検索できれば充分でしょう。また、グーグルプレイスなどのサービスを使ってウェブサイトへのアクセスの流入経路を増やす事も重要です。

習い事

  • 味噌かつ
  • 餃子
  • そば
  • 焼きそば
  • 牛タン
  • 馬刺し
  • ラーメン
  • 精進料理
  • ごま豆腐
  • だんご汁
  • ほうとう
  • きりたんぽ
  • 松坂牛
  • わんこそば
  • めはり寿司

など

+

エリア

  • 名古屋
  • 浜松
  • 宇都宮
  • 信州
  • 仙台
  • 長野
  • 尾道
  • 京都
  • 永平寺
  • 越前
  • 茨城
  • 山梨
  • 松坂
  • 岩手
  • 三重

など

SEOチェックポイント

旅行客の獲得をする場合、スマホサイトは必須となってきます。専用のスマホサイトを準備するか、レスポンシブデザインでサイトを構築する必要があります。スマホサイトのSEOは工夫が必要ですので一度お問合せください。

旅行客様は動線を意識する

車で来る観光客が多い場所とは少ない場所があると思います。それらを意識したサイト作りが必要です。駅や空港から公共交通機関を使ったアクセスマップを用意しユーザーにわかりやすい構成を練りましょう。また、ホテルなどの宿泊施設からの道順なども記載すると便利です。送迎サービスや駐車場の有無など有利な情報はしっかり伝えていきましょう。

広告としてのSEO

SEO対策を導入する際に必要となるのは広告の基本概念です。DMやチラシを配布して返ってくる反応のことをレスポンス(率)といい、費用に対してどれだけの利益があったかを気にしなければなりません。これがSEOになるとコンバージョン(率)と言い換えられますが、同じ事です。例えば3件の成約をもらうためにはホームページを1000人の人に見てもらわなければならない。であれば10000人に見てもらえれば30件の成約が上がるわけです。チラシやDMと違うのは、すぐに反応が出ないことです。反面、長く反応を保持することが出来ます。

お問合せ