住宅サービスのSEO対策

住宅サービス防犯カメラ、ガラス交換、塗替え、造園、水回り、害虫駆除、太陽光発電、壁穴補修、カギ交換、システムキッチン、バリアフリー、リフォーム関連から生活110番のようなサービスを地元限定で行っている会社がウェブ集客で利益を上げています。

業種の特徴 営業エリア全域でエンジニアが現地に行ってサービスを行う
SEO対策 地域名と「サービス名」でのSEO対策

一昔前は、家のことでなにか困ったら電話帳で調べていました。今では手元にあるパソコンやスマホですぐに最寄りの必要なサービスを検索出来てしまいます。ご自身の事業がサービスや値段で他社に勝っていることをウェブでしっかりアピールできれば集客は口コミや下請け仕事から少しずつ直請け方式に変わっていきます。

SEOキーワードの組み立て方

緊急性の高い修理などはゆっくりネットサーフィンで業者を選んでいられません。検索して上位に出たモノから2~3社選んでお問合せをするでしょう。「泥棒にガラスを割られた」「軒下にスズメバチが巣を作った」「雨漏りがする」など、お客様の困り毎を解決するためのSEO対策です。

サービス名称

  • ガラス交換
  • 防犯
  • 給湯器
  • 水道修理
  • 太陽光発電
  • 塗替え
  • ガーデニング
  • 害虫駆除
  • 壁穴補修
  • デザイナーズ家具
  • 防水工事
  • 電気工事
  • 解体工事
  • リフォーム

など

+

サービスエリア

  • 名古屋
  • さいたま
  • 横浜
  • 京都
  • 三重
  • 岐阜
  • 千葉
  • 広島
  • 浜松
  • 岡山
  • 石川
  • 鳥取
  • 福岡
  • 横浜
  • 神戸
  • 川崎
  • さいたま
  • 北九州
  • 大阪

など

SEOチェックポイント

地域サービスはグーグルプレイスなどと組み合わせると集客効果も高くなります。今までの集客ルートをもう一度洗い直し、どんなニーズが高いか、ニーズは低いが緊急性があるサービスはなにか、利益率の高いサービスはなにか、など総合的に考える必要があります。

入電から出張までをシステム化

住宅サービスは、入電からアポイント、出張までをシステム化できると効率のよいサービスを提供できるようになります。電話に出られない、アポイントの段取りが出来ない、人手がたりなくて出張までに期間がかかる、など集客前に問題点を洗い出す必要があります。弊社ではどのようにシステム化しているかをお見せする事も出来ます。

広告としてのSEO

SEO対策を導入する際に必要となるのは広告の基本概念です。DMやチラシを配布して返ってくる反応のことをレスポンス(率)といい、費用に対してどれだけの利益があったかを気にしなければなりません。これがSEOになるとコンバージョン(率)と言い換えられますが、同じ事です。例えば3件の成約をもらうためにはホームページを1000人の人に見てもらわなければならない。であれば10000人に見てもらえれば30件の成約が上がるわけです。チラシやDMと違うのは、すぐに反応が出ないことです。反面、長く反応を保持することが出来ます。

お問合せ