習い事・スクールのSEO対策

習い事・スクール英会話、パソコン、メイク、ヨガ、料理、ゴルフなど大人のための教室。水泳、習字、そろばん、体操、ピアノ、サッカー、少年野球など子供のための習い事。どちらも同じ種類のSEO対策です。専門学校などは年間を通じての別メニューのSEO対策となります。

業種の特徴 通える範囲のエリアに絞ったSEO対策
SEO対策 地域名と「英会話」「スポーツ名」「楽器名」などでのSEO対策

習い事は、主婦の方が自宅でピアノ教室をする場合もあれば、数百人規模の生徒を募集する水泳教室もあります。SEO対策の費用を考えるとある程度の規模の集客を望んでいる企業向けのサービスです。メジャーな習い事ほど近場で集客しニッチな習い事ほど遠方からの生徒を見込めます。

SEOキーワードの組み立て方

習い事は、特殊技術を身につけるようなビジネススクールでない限り、地域限定のサービスです。地域を絞ったターゲティングにより効果を最大限に引き出します。またサイト内コンテンツは見込生徒の興味を引くように制作し、敷居の高い「第一歩」を無料体験や一日体験で誘導する必要があります。

習い事

  • 英会話
  • 水泳
  • ピアノ
  • スキューバ
  • ゴルフ
  • 楽器
  • ダンス
  • 料理
  • テニス
  • ヨガ
  • ピラティス
  • 書道
  • 手芸
  • メイク
  • ダンス
  • パソコン

など

+

エリア

  • 池袋
  • 新宿
  • 梅田
  • 難波
  • 名古屋
  • 博多
  • 広島
  • 浜松
  • 松本
  • 仙台
  • 札幌
  • 京都
  • 横浜
  • 神戸
  • 川崎
  • さいたま
  • 北九州
  • 千葉

など

SEOチェックポイント

例えば、スペイン語教室であれば集客エリアはグンと広がりますが、そろばん教室であればとても狭くなります。エリアの設定が重要です。あくまでもWEB集客ですのでウェブを見ない層を集客する場合は成果が見込めません。(例:盆栽教室)

専門学校・高校の生徒募集

専門学校、私立高校、大学などの場合、SEOだけでは生徒募集はできません。サイトで若者に訴えかけるコンテンツも重要になります。年間を通じたプロジェクトを組む必要があります。

プロジェクトを細分化

例えば、甲子園の常連校で県外などから野球部の生徒を多く集めたい場合や、チアリーディングの有名な高校の動画を使ったSEOなどコンテンツを細分化することにより、より効果的な生徒募集を見込めます。

広告としてのSEO

SEO対策を導入する際に必要となるのは広告の基本概念です。DMやチラシを配布して返ってくる反応のことをレスポンス(率)といい、費用に対してどれだけの利益があったかを気にしなければなりません。これがSEOになるとコンバージョン(率)と言い換えられますが、同じ事です。例えば3件の成約をもらうためにはホームページを1000人の人に見てもらわなければならない。であれば10000人に見てもらえれば30件の成約が上がるわけです。チラシやDMと違うのは、すぐに反応が出ないことです。反面、長く反応を保持することが出来ます。

お問合せ