SEOキーワード選び

SEOキーワード選び

弊社では、SEO対策を依頼された場合、まずお客様の目的を伺います。 その目的を達成するためにどんな検索でサーチエンジンの上位に表示させるかがポイントになります。なので最初のキーワード選びが非常に大切になります。

キーワードによって難易度が違う

SEOキーワード難易度

ライバルが多い業種ほど、望みのキーワードで検索上位を目指すのは難しくなります。一般的に難しいキーワードと呼ばれているのはリスティング広告などで1クリックあたりの単価の高いキーワードが難しいとされています。
例えばお客様に「保険」というキーワードでヤフー検索のトップページに表示させてほしい、という依頼があったとします。
現在(2012年/8月)「保険」というキーワードの上位は、価格ドットコム、保険市場、ライフネット生命保険という順番になっています。
例えば、個人の保険代理店がこの中に入れば、それだけで年間数億円~数十億円の売り上げが見込めるでしょう。これは、私たちの技術では非常に難しく、できたとしても年間にかかるホームページ運営費用は莫大なものになるでしょう。
ただしこれが「保険 名古屋」というキーワードだとずいぶんと難易度が下がります。さらに「保険 代理店 名古屋」だともっと難易度が下がります。
ただ、難易度が下がれば下がるほど消費者からのアクセスは少なくなり、そこから見込める売り上げも当然少なくなります。当社では過去の実績から、「ここまではある程度の自信を持ってサービスを提供できる」と判断した場合のみ、取引をお引き受けします。キーワードの難易度サンプルはこちらをご覧ください。

ビッグキーワードとスモールキーワード

SEOの世界では難易度の高いキーワードをビッグキーワードと呼びます。

ビッグキーワード例:「保険」「美容院」「学校」「炊飯器」「お酒」「エアコン」

それに対し難易度の低いものをスモールキーワードと呼びます。

スモールキーワード例:「保険 名古屋」「美容院 岡崎」「私立中学校 名古屋」

このように列挙するとわかりやすいのですが、業種によってはスモールキーワードの方が売り上げが上がる場合も多く、それ故にキーワード選びが非常に大切にです。

当社では、費用対効果がうまく発揮できるかを最初にコンサルティングさせていただいております。
また、ご予算からそれだけの結果が望めるかも同時に判断させていただいております。是非一度ご相談ください。

ネオウェブサービスのSEO対策

多くのホームページ屋さんはSEO対策が出来ない、もしくは出来るがやらないというスタンスを取っています。なぜならSEO対策は技術・時間・費用が余分に必要になるためだと思われます。多くのお客様はウェブを販売や顧客獲得のツールにしたいと思っています。ただ相談できる唯一の窓口であるお取引中のホームページ屋さんがSEO対策に精通しているわけではなくお困りの方も多いかと思います。そんなときは是非名古屋の弊社にご相談ください。あらゆる方法でお客様のニーズに応えます。

お問合せ