名古屋でSEO対策の仕事をしています

Googleのペナルティーからの復活

without comments


弊社が、自社で運営管理するサイトに施していたSEO対策によって、Googleよりペナルティーを頂戴した(笑)ことから復活するまでを記録しました。

 

2014年6月12日Googleより以下のようなメールが届きました。

 

============================================================

http://www.xxxxxxxxxxxxxxxx.com/: 外部からの不自然なリンク

貴サイトへの人為的または不自然なリンクのパターンが検出されました。PageRank の操作を目的としたリンクの売買やリンク プログラムへの参加は、Google のウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)に違反する行為です。

そのため、xxxxxxxxxxxxxxxx.com/ に手動によるスパム対策が適用されました。他にもサイトの一部または全体に対策が適用されている可能性があります。
推奨される対処
•ウェブマスター ツールのサイトへのリンク機能を使用して、サイトへのリンクのリストをダウンロードします。
•サイトへの不自然なリンクをすべて削除します。
•この変更後、サイトが Google のウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)に準拠していることを確認したうえで、再審査をリクエストします。サイトへのリンクを削除できない場合は、できるだけ詳しい情報を再審査リクエストに明記してください。
•サイトに現在適用されている手動による対策については、[手動による対策] ページで最新のリストをご覧ください。リストに対策が記載されていない場合は、再審査をリクエストする必要はありません。
サイトが Google のウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)に違反していないことが確認できた場合は、手動による対策を解除させていただきます。

問題の解決にあたってご不明な点がある場合は、ウェブマスター ヘルプフォーラムをご利用ください。(フォーラム内に [再審査リクエスト] カテゴリを設置していますのでそちらからご質問ください)。
============================================================
このメールが届いて約2~3時間で、あるキーワードでの検索結果から弊社のサイトは消えてなくなりました。

その消え方が実に面白かったのですが、それに関しては後日にします。
このサイトは、約6年前より弊社で運用をしていたサイトで昔ながらの手法でリンクを増やしSEO対策をしていましたが、それらのリンクはそのまま放置状態にありました。
なぜ、放置状態にしていたかというと、、、
多くのリンクは、自社のポータルサイト(約10サイト)のフッター部分に張っていたテキストリンクで、『運営会社である弊社のリンクは張ってあって当然。』という考えがありました。
もちろん、『これである程度のリンクは稼げてる。』という気持ちもありましたが(笑)

ただ、その考えが甘かったようです。

Googleのウェブマスターツール、リンクプログラムと題されたページにはこのようにあります。

グーグルウェブマスターのリンクプログラムのページ

『さまざまなサイトのフッターに分散して幅広く埋め込まれたリンク。』

グーグルからの通知は、どこのどういうリンクがスパム判定されたかは推測できませんが、私がずっとSEO対策を施してきたサイトだからこそ(これしかない)と確信がありました。

いままで、Googleによりペナルティ判定を受けたサイトは数多く見てきましたが、まず何がスパム判定をされたか探す作業から始めるしかなく、それに費やす時間が非常に長くかかります。
Googleよりペナルティを受けた場合、とる対策は2つしかありません。

○ ペナルティを解除できるように再審査をリクエストする。

○ そのURLはあきらめて新しくサイトを立ち上げる。
弊社では再審査をリクエストするという選択肢を選びました。
とにかく、Googleウェブマスターにある、スパムと予測されるリンクはこれしかなかったためそれらのポータルサイトに張ったリンクをすべて消しました。

 

そして、6月23日、スパム判定の通知を受けた11日後に以下のメールを受け取りました。
=========================================================================
http://www.xxxxxxxxxxxxxxxx.com/ の再審査リクエスト: 手動によるスパム対策を取り消しました

http://www.xxxxxxxxxxxxxxxx.com/ のウェブマスター様

http://www.xxxxxxxxxxxxxxxx.com/ のウェブマスター様からの再審査リクエストを処理し、サイトに以前適用されていた対策を削除しました。サイトを審査した結果、Google の品質に関するガイドラインへの違反が解決されたことを確認いたしました。

サイトに現在適用されている対策については、ウェブマスター ツールの [手動による対策] ページをご覧ください。このページや検索結果でのサイトのステータスが更新されるまでには時間がかかることがあります。

手動による対策がサイトに適用されていなくても、サイトのランキングや検索結果での表示に影響する他の問題が存在する場合があります。Google では、200 を超えるさまざまな要素を使用して検索結果の順位を決定しています。ユーザーに最適な検索結果が表示されるよう更新を行っているため、ランキングはその都度変動します。サイトのランキングは、検出されたセキュリティの問題に基づいて変動する場合もあります。サイトでハッキングが検出されていないかを確認するには、[セキュリティの問題] ページをご覧いただくことをおすすめします。

検索結果の問題が解決されない場合は、ヘルプセンターで問題の診断方法をご覧ください。

検索結果の品質向上にご協力いただきありがとうございます。

今後ともよろしくお願い申し上げます。
Google サーチ クオリティ チーム
=========================================================================
これらの一連の作業からわかるように、Googleからスパム判定、ペナルティを受けないようにするために、もしくはペナルティを受けても解決させていくために何が必要かということがわかります。

1.Googleにペナルティを受けるスパム行為は何かを知る。(Googleウェブマスターのサイトをよく読む)
2.ペナルティを受けたことがすぐにわかる状態にしておく。(ウェブマスターツールを活用する)
3.どのようなSEOを施してきたかわかるようにしておく。(管理者を決めて運用管理する)
4.過去にはペナルティの対象ではなかったSEO対策がスパム行為になっていないか常に確認する。(アップデートされるグーグルのガイドラインを定期的に確認する。)
今回、身をもって体験したことをお客様にフィードバックし、健全なSEO対策をご提案してまいります。


Written by trinity

6月 25th, 2014 at 10:11 am

Leave a Reply